読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Cornelius『あなたがいるなら』

Corneliusの11年ぶりのシングルとのことで、そういえば、その11年前のシングルって僕持ってるやつじゃないかな?と自分のCD棚にある唯一のCorneliusのシングルを引っ張り出してみたら、2006年発売の『MUSIC』。これは、と思ったのですが、どうやらこの年はその翌月に『BREEZIN'』が発売されていたとのことで、ニアミスでした。では、アルバムはどうかというと同年に発売された『SENSUOUS』以来出ていない(CMシリーズ除く)ので、やはり純Corneliusとしては2006年ぶりの楽曲と捉えてよさそうです。

さて、この曲。めちゃくちゃカッコイイです。揺らぎとスリップとポリリズムが満載の浮遊感のあるグルーヴながら、毎度のごとく細分化されまくりで一分の隙もないCorneliusサウンドが共存していて、新境地というか、この方向性における一つの極点に達したのではないかと思います。構造としては、基礎にあるものは非常にシンプルで、それらを微妙にズラして置きつつ、細かい装飾を無数に散らばめている、といったところでしょうか。それが、非常に有機的に動いていて、しっかりラヴソングになっているというのが凄いところだと思います。最初に聴いた印象では、なんとなくunbeltipoなんかを想起してしまいましたが、聴けば聴くほど色々なものが染み入ってきてシンプルに聴こえてきます。坂本慎太郎の詩もなんだかストレートだな、とか、エレピはやっぱり純粋に切なくて良い音だな、とか。

ただ、細かいところですが、なんだか2:00にケータイのバイブレーションのような音が入ってる気がしますが、コレなんでしょう?僕にはノイズに聞こえるのですが…。

リズムの分析については、この記事が詳しいと思われます(Togetter)。

また、MVも非常によくできていて意味深ですが、その記号を読み解いている記事が以下。"エロすぎる"らしいです。確かに、という感じもします。なお、6月28日にはこの曲も収録されたアルバム『Mellow Waves』が発売とのことなので、こちらも楽しみに待ちましょう。