読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コーヒーのはなし

f:id:gheetaka:20170510150327j:image

僕の日々の営みの一つとして、コーヒーがあるのですが、それについてでも少し。

以前、フィリピンに三ヶ月ほど滞在していた頃、フィリピンのインスタントコーヒーがマズすぎたために、自分で淹れなくてはならぬと発起し、たのですが、フィリピンにはまるでコーヒードリッパーという概念すら存在しないようだったので、ペットボトルを切って作ったドリッパーでの抽出から始まったのですが、現在では生豆から手網で焙煎し、ネルドリップで淹れる、というやたらと手間のかかる作業にまで悪化(?)してしまいました。

ふと冷静になって、僕がコーヒーを飲むまでの作業工程を記してみると、

  1. 生豆を規定量(現在は166~7gでやっています)量り、欠点豆を一つ一つ手で取り除く(ハンドピック)
  2. それを手網に入れて、カセットコンロや軍手、ストップウォッチなど一式を揃えて、屋上へ*1
  3. 焙煎(20分前後。その間、シャーカシャーカシャーカシャーカ網振りっぱなし)
  4. 焙煎終了と同時にうちわで冷却し粗熱を取ったら、紙の上に広げて常温に戻しつつ、焙煎後のハンドピック
  5. 一日置く(豆内部に充満した炭酸ガスを抜くため)
  6. 湯を沸かす(沸いたら温度計を入れておく)
  7. 焙煎豆をハンドミルに14~15g入れ、ガーリガーリガーリガーリ挽く
  8. 冷蔵庫からネルを出し、絞ってコーヒーカップにセットし、電子レンジで30秒加熱(ネルとカップを温めるため)
  9. ネルを枠にセットし、挽いたコーヒー粉をいれ、スプーンの柄で中心に穴を開け、85℃*2の湯でコーヒー粉全体を湿らせ、30~60秒*3、ソーサーをフタとしてかぶせて蒸らす
  10. フタを取って、抽出。140~150mlほど取れたら終了。
  11. コーヒー粉を捨て、ネルを水洗いし、時々煮沸。タッパーで水に浸して冷蔵保存*4
  12. 飲む

と、こうして眺めてみると、コーヒー一杯のためになんと遠い道のりかという気がしてきました。まぁ一度焙煎すれば10杯分弱くらいは取れますが、ネルで淹れるだけでもまぁまぁの手間で、インスタントコーヒーとかと比べると何十倍の手間だろうという感じで、そんなこと考えてたら段々辞めたくなってきましたが、まぁ明日も変わらずネルで淹れるのだろうと思っています。もちろん、インスタントコーヒーや、巷の「インスタントな」コーヒーと比べたら格段に美味しい、というのもあるのですが、なにより楽しいというのがあります。中南米やアフリカ等でコーヒー農家を営む、ということを除けば、一杯のコーヒーの味を作り上げる過程のほぼ全てに関わることになるので、コーヒーのことがよく分かってきます。

写真は、エルサルバドルのSHG等級*5ラ・ホヤ農園の豆を焙煎したものと、それを淹れたコーヒーです。他にも今自宅には、インドネシアのマンデリンG1*6と、コロンビアのスプレモ*7 エスメラルダ*8があるので、今後もちょくちょくコーヒーの話題も挟めていけたらと。

しかし、一応言っておきますが、素人の手網焙煎、当然ながら焙煎のプロには敵いません。僕は、下北沢のcafe useというお店を贔屓にしているのですが、普通にそこで豆を買ったほうが安定して、美味しいコーヒーが飲めます。が、単純な金銭的コストパフォーマンスで考えれば、100g 500円前後の焙煎豆と比べて、1kg 1,000円程度の生豆は、焙煎による20%の重量減を差し引いても、単純計算4倍のCP……とは言え手間を考えたら負けなので、まぁこれはもう趣味の世界ですね。。

とは言え、カルディで買ったりするよりは美味しい豆が焼けてるんじゃないかなーなんて。。
まぁ鮮度や豆の品質の問題がありますからね。

*1:これは、家の中でやるとチャフと呼ばれる薄皮が飛散しまくるために、屋外でやっています。が、火力の不安定さと風の影響があるので、基本的には屋内でやってしっかりお掃除するのをオススメします

*2:これは焙煎豆の味と挽き具合との兼ね合いで調整することも有

*3:場合によってはもっと長くすることも

*4:乾燥させてしまうのがタブーのため。ちなみに使わない日も水を替えないとNG

*5:コーヒーの等級というのも中々面白く、基準が国ごとに異なります。異なるというのは、基準が厳しい甘いとかでなく、評価するポイントが違います。エルサルバドルやグァテマラ、パナマなどの中米の国々では標高による評価で、高ければ高いほど良いとされています。ちなみにエルサルバドルのコレはStrictly Hard Grownの略で、一応最高等級です。こちらに詳しい→コーヒー豆の等級

*6:これも最高グレードではありますが、欠点豆の割合のみでの評価

*7:これまた最高グレードですが、こちらは豆のサイズのみでの評価

*8:その中でもさらに厳しい基準…らしいのですが、ちょっとこれについては確証となるソースが得られていないので、ちゃんと理解できてないです。。

広告を非表示にする