メタ

我々はいま、シナリオのない演劇を演じている。

かつては、我々は当然のようにシナリオに沿って動いてきた。そのシナリオに沿って役割を演じていれば、どうやら素晴らしい作品が出来上がるらしい。そんなことを信じて、我々は演技を続けてきた。

しかし、段々と「そんなシナリオはダメだ」という人たちが現れてきた。

確かに、言われてみればそうである。どうにもそのシナリオは胡散臭く見えてきた。そんなシナリオに従ってなんていないで、やりたいようにやればいいじゃないか。そんな風な考えが、我々のうちにも増えてきた。自由というものは素晴らしいじゃないか、とも。

しかし、そんなことを続けてきたら、なんだか演劇はばらばらとしてきた。まとまりがなくなってきたり、そうかと思えば気を使いあって、かえってやりたいことが出来なくなったり、かつてのシナリオがあるかのように演る人もいれば、勝手なことをし始める人もいる。「もうなんでもいいんじゃないか?自由なんだし。」という人もいた。自由を謳いながら人を傷つける人もいた。

そんな中、秘密裏にシナリオを作る人たちも出てきた。シンプルで魅力的なシナリオに、いやむしろ、「シナリオを提供してくれる」ということに魅力を感じて、一部の人々はそのシナリオを演じた。しかし、そのシナリオには演劇全体を崩してしまいかねない内容のものもあった。劇全体のために、そういったシナリオは中断させられることとなる。とは言え、そういうシナリオは一つだけででなく、今でもそんなシナリオを演じている人達もいる。

僕は思う。この、シナリオのない演劇は、本当に素晴らしい作品となることは出来るのだろうか、と。そういえば、「そんなシナリオは」なんて言ってた人たちはどこに行ったろう。そもそも、シナリオは確かに胡散臭かったが、シナリオに従わないで自由にやれば素晴らしい作品になる、なんてことは誰か言っていたろうか。言っていたかもしれない。しかしその話は本当に妥当性のあったものだったろうか。我々は本当にそれを検証しただろうか。どちらかと言えば、シナリオのウソを暴こう、という熱に、みなが浮かされていただけのようにも思える。

この演劇はなんだかあぶなっかしくて、確かに時折面白い演者が現れ、驚きがあることは間違いないが、しかし、これが素晴らしい作品にちゃんと向かっているかは甚だ怪しい。今更かつてのシナリオには戻れない。だけど、あれにとって変わるような、素晴らしいシナリオを書ける人は誰かいないものか。と考えてみたけれど、そんなのを一人で書きあげられる人なんか、この劇団の中にはいないんじゃないか。だけど、誰かに頼んでみようか。新しいシナリオを書けないかと。その人一人で完成させるのは無理だろうけど、まずは叩き台となるようなものを書いてもらって、そのあとみんなで少しずつリアルタイムで修正していくしかないんじゃないか。自由演劇もいいけど、その要素も活かしながら、シナリオというものもあった方がやっぱり良さそうだ。

そうして、僕は新たなシナリオを求める役についた。

広告を非表示にする