読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ここんとこ割とダウナーで色々とやる気なくなってたけど漸くやる気が再起してきたような気がするのでそれを気のせいで終わらせず既成事実にしてしまうために書く身勝手なはなし

もうタイトルに詰め込んだわけですが、つまり、そういうことです。もうなんだかここんとこ全然やる気なかったのです。 こういうのには、バイオリズム的なものが関わってくるでしょうし、単純に体調の問題や、周囲の環境の問題もあったりで、色々とファクター…

メタ

我々はいま、シナリオのない演劇を演じている。 かつては、我々は当然のようにシナリオに沿って動いてきた。そのシナリオに沿って役割を演じていれば、どうやら素晴らしい作品が出来上がるらしい。そんなことを信じて、我々は演技を続けてきた。 しかし、段…

非絶望的観測

先日見た映画「マッドマックス 怒りのデスロード」には、「希望など持たないことだ」という、主人公マックスから女戦士フュリオサへの助言(?)が登場した。まやかしの希望を持ち、それが裏切られ、それを繰り返すうちに人の心は壊れ、狂ってしまう。そうなら…

「絞る」

ベルリンに一人旅に行った時、ホステルに泊まったのですが部屋にハンガーがなかったので、フロントの男性に相談したことがありました。単に、ハンガーをいくつかくれないか、と聞いただけなのですが、それがなかなか伝わらず苦労したのです。これが、僕の英…

もう「人それぞれ。」なんて言うな

「人それぞれ。」という言葉が嫌いだ。 その言葉は確かに、正しさを含んでいる。 しかし、その正しさはあまりに横柄に振りかざされてきた。 その言葉は確かに、自由の匂いをさせる。 しかし、その自由は単なる奔放であり「自ずからに由る」ことではない。 そ…

サイト・スペシフィック

時計というものの進歩によって、人間の時間の感覚・捉え方というものも変容してきたのだ、というテキストを読んだことがある。なるほど、かつては街に一つとかそれくらい*1しかなかった時計が、一家に一つ所有されるようになり、次第に腕時計という形で一人…

非ビニール傘人間

あなたはビニール傘人間だろうか。非ビニール傘人間だろうか。 ビニール傘とは、考えてみれば非常に合理的なものだ。透明で向こう側まで見通せるため、交通事故が多いであろう雨の日においての安全性も高い。何より安い。異論はあろうが、傘は壊れ物であり消…

手紙

ある手紙 単なるお節介となんて思わないでくれ、 私には君にちょっとした好意があると言っていい。 母から見せてもらった、僕に宛てられた「手紙」の一節にはそうあった。 僕が子供の頃、ずっとお世話になっていた女医の先生によって書かれたものだ。 そんな…